ウェルスナビ(WealthNavi)は投資初心者向き?口座開設で世界レベルの資産運用とは?

お金
ウェルスナビ(WealthNavi)は、「全自動で世界レベルの資産運用を提供」を掲げ、2019年11月28日時点で預かり資産:1900億円、口座数:26万口座の国内トップの規模・実績を持つロボアドバイザーです。

ウェルスナビ(WealthNavi)で資産運用とは?

 

▪話はよく聞くけど意味がよくわらかない…
▪パソコンで検索しても、余計迷路に入っていくみたい…
▪難しい専門用語が多くて読むだけでも大変…
結局、「止めておこう!」ってなることって意外とありませんか?
その気持ち、よーくわかります!
しかし、知らずして、幸運の女神だったらもったいないですね。
「あ、やっぱりやっとけば良かった!」という思いはしたくないものです。


「ロボアドバイザーで資産運営」
なんて、気になりませんか(^^♪

このような仕組みを開発した若手起業家、柴山和久さんの経歴なども交えながら、わかりやすくお話を進めてみましょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)ロボアドバイザーとは

最近、「ロボアドバイザー」って言葉をよく耳にしませんか?

唐沢寿明さんが出演するテレビのCMやネット広告でよく見かけるようになりましたね。資産運用をロボアドバイザーで全自動?? 何のことやら…

でも、もし今まで資産運用をしたことがなかったり、これまでの運用に満足がいってなかったりしたら、詳しく聞いてみたいと思いませんか?

ウェルスナビ(WealthNavi)はこんな人に最適

こんな方にロボアドバイザーはぴったりです!

▪ 忙しい、時間がない
▪ 投資をしたことがない
▪ 投資を始めて間もない
▪ 投資は既にやっているけど、一部をロボアドバイザーに託してみたい

ロボアドバイザーというのは、リスクなどに備えた設定はありますが、一言で言えば概ねおまかせで運用できる金融商品です。

これまでにも、投資信託とかファンドラップのような似た金融商品がありましたが、それらとはどのように違うのでしょう?

そして、ご紹介する「ウェルスナビ(WealthNavi)」とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

ウェルスナビ(WealthNavi)は5大ロボアドバイザーのトップ

ウェルスナビ(WealthNavi)は、今国内で伸びの著しいロボアドバイザーのメジャープレーヤーのなかでもトップに位置しています。

2019年10月時点で申込件数24万口座以上、預かり資産1800億円を達成しており、今現在はロボアド業界のハイブランドを形成しつつあります。

ウェルスナビ(WealthNavi)の特徴

ウェルスナビ(WealthNaviは、まずアンケート診断から始まります。

個人一人ひとりの属性やリスク許容度などを分析して、最適なポートフォリオを提案してくれます。コースは8種類あり、すべて海外ETFで運用します。

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で上場投資信託のことです。
オープン型投資信託と比べて、売買手数料や信託報酬などの運用コストがダントツに安く、売買も上場株式と同じように出来るため流動性にも優れています。

運用コストは概ね年間1%程度ですが、手数料を割引してくれる「長期割」サービスや、利益から天引きされる税金を有利に調整してくれる「自動税金最適化機能」など気の利いたサービスでも一歩先を行っています。

ウェルスナビ(WealthNaviは商品名であり、会社名でもある

ウエルスナビ(WealthNavi)は2015年に現在のCEOである柴山和久さんによって創業されました。

柴山社長は今年41歳の若手起業家。子供の頃は群馬県、北海道帯広市、神奈川県川崎市と、金融機関に勤めるお父様の転勤であちこちに転居していたそうです。
日本有数の名門中学である筑波大学附属駒場中学に進学し、東大法学部を卒業、財務省へ入省と、典型的なエリートコースを進まれていたわけです。

その後、米国ハーバード大ロースクールへ留学。
そのときにアメリカ人である奥様と出会い結婚しました。

その後財務省を退職され、仏経営大学院INSEADでMBA(経営学修士)取得後、戦略系コンサルティングファームであるマッキンゼーへ入社します

そこでウォール街にある機関投資家を相手に、金融アルゴリズムに基づいた運用プログラムを構築する仕事に携わりました。

今、柴山社長が手掛けているウエルスナビ(WealthNavi)の原型はこの頃に出来上がったのでしょう。

ウエルスナビ(WealthNavi)柴山社長の決心

柴山社長はある時に衝撃的な体験をしたそうです。
それはシカゴの奥様のご実家で、義理のご両親に相談されたときのことです。

「あなたは機関投資家に運用のアドバイスをしているのでしょう?私達の資産も診断してくれない?」と頼まれました。

 

義父は公務員、義母は石油会社に勤めていた方で、日本で言えば一般的なサラリーマンといえる職業ですが、資産はこのとき数億円に達していたのです。

柴山社長のご両親も同じような経歴にもかかわらず、奥様のご両親の資産とは、引退した時点で10倍以上の差がついていたそうです。

日本人とアメリカ人の老後資金のこの差は一体何なのでしょう?

日本と海外の資産運用の違い

資産運用を行うアメリカ人の多くは若い頃から積立を行っていますが、その多くは日本人が行うような預金や保険で運用することはありません。
どう考えても利回りが低すぎるからです。
バランス良く世界各国の株式や債券、不動産などの資産に長期投資を行うのが当たり前なのです。

家計金融資産の推移・構成比

引用元:家計の資産形成等を巡る状況と課題

 

アメリカを始め世界全体の投資対象資産は少なく見ても年平均数%のリターンを生み出している上、それが毎年複利で増えているのです。

各国の家計金融資産の推移

引用元:家計の資産形成等を巡る状況と課題
柴山社長が衝撃を受けたこのときから10年近くが経とうとしていますが、日本の銀行預金の利回りは下がり続け、とうとう実質0%を割り込んでしまうのではないかという水準までになりました。
口座管理料などが導入されれば預金のマイナス金利は実現します。
いや、ATMの手数料ですでに実質マイナス金利なのかもしれません。
それに比べてアメリカは10年近く好景気が続いていますので、10年前と比べてさらに差は開いています。
下の資料にもある通り、1995年以降、日米の資産格差はどんどん拡大しているのです。

日米の家計金融資産の状況

引用元:家計の資産形成等を巡る状況と課題

柴山社長はこの体験をきっかけに、日本の個人向けにもネットで提供できる資産運用サービスを作ろうと考えるようになったのです。
その結果立ち上げたのがウエルスナビ(WealthNavi)」なのです!

 

 

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウエルスナビ(WealthNavi)のコンセプトと魅力

ウエルスナビ(WealthNavi)は、金融アルゴリズムなどのフィンテック(ファイナンス+テクノロジー)を駆使した本物の資産運用を低コストで、長期投資のメリットを個人の運用に提供することをコンセプトとして掲げています。

ベースとなっている理論は、ハリー・マーコウィッツ博士の提唱した「現代ポートフォリオ理論」とウィリアム・フォーサイス・シャープ博士の「資本資産価格モデル」であり、この二人は1990年にノーベル経済学賞を受賞しています。

この理論をアルゴリズムに組み入れ、人工知能(AI)によって自動的に最適化を図るのがウエルスナビ(WealthNavi)なのです。

自動化されているためにファンドマネージャー(運用担当者)などの人件費がかからず、またネットでの申込みに特化しているため募集コスト(金融機関に払う販売手数料)がかからない、シンプルで無駄のない運営を行っています。

ベンチャー企業であるウエルスナビ社には3大メガバンクなどの大手金融機関や政府系投資銀行が出資をしていますので、その先見性はすでに認められていると言えます。

今までの日本にはあまり普及していなかった、世界経済全体の成長性と長期投資の魅力を低コストで享受できる、それがウエルスナビ(WealthNavi)の魅力です。

ウエルスナビ(WealthNavi)のコストについて

よく(コスト)信託報酬はないほうが運用成績はいい、と言われています。
それは、そのとおりですね。
銘柄選択や売買のタイミング、資産配分や評価を一から十まで全て自分でできるのであればそのほうがいいに決まっています。

しかし、どれだけの人がそれをできるのでしょう?あなたにはできますか?

そうですよね…
なかなか出来ないからこそ、今まで資産運用が滞っていたのではないでしょうか(^^?

一般的な金融機関で販売されているファンドラップや投資信託と比べても、コストは格段に安いのがロボアドバイザーです。

特にこのウエルスナビ(WealthNavi)は、5大ロボアドの中では最も安定した成績を誇っています。

▪ やったことないし、資産運用なんてムリ!
▪ 難しいことはわからない!
▪ 時間がない!

そんな方も、まだまだ多いことでしょう。

でも「2000万円問題」という、政府が老後資金の不足を実証し、はからずも年金の実質的破綻を認めた事件が起きた今、資産運用を始めるのは早いほうが断然有利なのです。
そして、ウエルスナビ(WealthNavi)なら資産運用の手間をほぼゼロにしてくれるわけですから、まさに投資初心者に最適な商品といえるわけです。

 

ウエルスナビ(WealthNavi)の口座開設はこちらから

 

ウエルスナビ(WealthNavi)のインスタでの口コミと評判

ウエルスナビ(WealthNavi)が月に一度出している分析コラムだそう。
わかりやすいですね!これ見るだけでもいい感じなのが見えてきそう♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

はなrarara(@hana87rarara)がシェアした投稿

投資初心者さん、発見!ウエルスナビ(WealthNavi)3日目だそうです。
2,224円、+プラスですね^^ワーイワーイ♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

はなrarara(@hana87rarara)がシェアした投稿

ウエルスナビ(WealthNavi)の渋谷のオフィスへ取材に行かれたそうです。
社員の皆さま、イキイキと働いている素敵な会社だったそうですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

石田 真以(@ishidamai86)がシェアした投稿

「お金に働いてもらう」はいいですね笑笑
長期で見ると貯金で寝かせておくだけでは勿体ないですものね。
お金さん、実は喜んで働いてくれるかもです♡

この投稿をInstagramで見る

 

くらげ*貯金共働き*こども*(@kurage.kakei)がシェアした投稿

ウエルスナビ(WealthNavi)まとめ

ここまでご覧になっていかがでしたでしょうか?

例えば、「毎月、投資や貯金に10万円充てています♪」という方がいたとします。

そのうちの一部を、ウエルスナビ(WealthNavi)のロボアドバイザーに託してみるという考え方もあります。

 

最低金額は10万円から。自動積立で毎月1万円から。
あまりプレッシャーのかからない金額でスタートできそうですね!
そして今ならキャンペーン中!!
ご入金額に応じて最大5万円をプレゼントする特典付き!!(2019年11月29日まで)

 

キャンペーンの金額をよく見てください!👀
最大で5万円なら元本に0.5%をいきなりもらえちゃうってこと?もちろんいきなり1000万円とは言いませんが、それだけでも銀行預金から移す価値がありそうですね。

 

 

ぜひ、この機会にウエルスナビ(WealthNavi)を体験してみてはいかがですか?(^^♪

 

ウェルスナ(WealthNavi)の口座開設はこちらから↓↓

タイトルとURLをコピーしました